家電リサイクル法という法律

家電を買ったお店に持っていく

パソコンやエアコン、冷蔵庫、洗濯機は家電リサイクル法に含まれます。
処理の方法が特別なので、他の家電と一緒に処分することができません。
基本的に、家電を購入したお店に持って行くと引き取ってくれます。
ですがどこで買ったのか、わからなくなってしまうことがあるでしょう。
また昔に買った家電であれば、お店が潰れて存在しないことも考えられます。

その場合は、メーカーに相談してください。
近くに家電を作っているメーカーがあれば、持って行けば引き取ってくれるかもしれません。
処理の方法がわからないからと、捨てることは絶対にしないでください。
山奥に捨てれば、気づかれないと思わないでください。
何処に捨てても、いずれ気づかれます。

不用品回収業者に連絡

大きな家電や、家電の数が多い場合はお店に持って行くのが大変です。
不用品回収業者に相談すると、自宅まで家電を引き取りに来てくれます。
リサイクル法に該当する家電でも、回収してくれるので連絡してください。
しかし、悪質な不用品回収業者も存在するので注意しなければいけません。
悪質な不用品回収業者は、適当に家電を処理するのでリサイクルになりません。

許可を得ているか確認しましょう。
不用品回収業者を経営するためには、許可を得る必要があります。
無許可で経営している業者は、悪質なところだと覚えておきましょう。
ホームページを見れば、許可を受けているか確認できます。
事前に安心して依頼できるかどうかを確認しておきましょう。


▲ TOPへ戻る