リサイクルするメリット

みなさんは、紙は何を原料としているか知っていますか。 主に木からできています。 新しい紙を作るために、森林を伐採しなければいけません。 リサイクルすれば、森林を守れます。 きちんと分別して、紙を回収してもらってください。 1人1人が意識するこ戸が大切です。

ペットボトルや缶も再利用できる

飲み物を飲んだ後の容器も、リサイクルできます。 ペットボトルや缶が新しく生まれ変わるので、積極的に回収ボックスへ入れてください。 缶は、アルミ缶とスチール缶の2種類があります。 それぞれによって、処理方法が変わるので間違えないで回収してもらってください。

紙は何からできているか

ゴミを捨てずにリサイクルすれば、資源を無駄に使うことはありません。
地球環境を守れるのでリサイクル活動を意識して生活を送ってください。
そのためには、どんなものをリサイクルできるのか知る必要があります。
紙は、リサイクルできる資源です。
読み終わった雑誌や新聞紙は、捨てずに回収してもらってください。
すると新しい製品に生まれ変わります。
リサイクルすれば、木を伐採せずに済みます。
豊かな自然を、後世に残せるよう意識しましょう。

飲み物が入っているペットボトルも、リサイクルできる種類です。
綺麗に洗ってから、回収ボックスに入れてください。
ペットボトルは石油から作られていますが、石油には限りがあります。
資源を残すため、ペットボトルを何度も活用しましょう。
同じく飲み物が入っているスチール缶やアルミ缶も、リサイクル可能です。
飲み物を飲んだら、適当に捨てたりしないでください。
決められた場所へ捨てましょう。

実は家電製品も、リサイクルできるものがあります。
家電リサイクル法という法律が制定され、それに該当する家電はリサイクルに出しましょう。
法律で、処分する時の方法が決められています。
新しい家電を購入すると、これまで使っていた家電が必要なくなります。
どんな家電が、リサイクル法に該当するのか調べましょう。
該当する場合は決められた手順に従って、処理してもらってください。
お店に持って行ったり、不用品回収業者に依頼することで引き取ってくれます。

おすすめリンク

家電リサイクル法という法律

いくつかの家電は、リサイクルできます。 法律で決められているので、必ず守らなければいけません。 守らずその辺に不法投棄すると、厳しく罰せられます。 購入したお店や家電のメーカーに持って行くと、引き取ってくれます。 不用品回収業者に任せてもいいですね。

▲ TOPへ戻る